くらしも人生も明るくなる、右脳式ライフプランニング。

SCOPO RIGHT BRAIN-STYLE LIFE PLANNING

高齢社会の諸問題を研究、解明する老年学

日本は世界で一番の高齢社会になっています。老年学とは、さまざまな専門領域が協働して高齢者、加齢、高齢社会に関する諸課題の解決、解明を目指し心から長寿を喜べる社会を創るための学問です。2009年現在、アメリカ合衆国には、学際的老年学の学士課程が33、修士課程が44、博士課程が9あります。

これに対して、日本で唯一老年学の修士号、博士号を授与できるのは、桜美林大学大学院老年学研究科だけです。

老年医学、老年心理学、老年社会学、老年社会福祉学を中核として、高齢社会の諸課題を、学際的かつ体系的に学習し研究できる総合的プログラムをもっています。

SCOPO代表早崎広司は2013年4月に入学、2015年3月に博士前期課程を修了しています。